管理栄養士のこと

社会人から管理栄養士になるには?意外と知らないたった2通りの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「このままのキャリアでいいのだろうか・・・」

多くの方が、このように現在のご自身のキャリアに不安を感じたことがあるのではないでしょうか。

そこで頭に浮かんでくるのが資格。

今回は、私のように社会人経験を経て、管理栄養士の資格取得を目指そうかと考えている方のお役に、少しでも立てればと思い、記事を書いています。

結論として、一般的な社会人が管理栄養士になるには1:栄養士の資格を取得後、現場で働いた経験を活かして管理栄養士にステップアップする方法、2:「管理栄養士養成課程(4年間)」に進学し、卒業時に管理栄養士国家試験にチャレンジすること、以上の2通りがあります。

続きで更に詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

1:栄養士の資格を取得後、現場で働いた経験を活かして管理栄養士にステップアップする方法

栄養士の資格は2~4年の養成課程を卒業することで取得することができます。

そこから管理栄養士になるには、更に栄養士として現場で1~3年働いた後、国家試験を受けることができる「管理栄養士国家試験受験資格」を取得し、国家試験に合格すると晴れて管理栄養士となることができます。

2:管理栄養士養成課程に初めから入っちゃう

4年制の管理栄養士養成課程に入学し、そのカリキュラムをこなすことで管理栄養士国家試験受験資格というものを取得し、試験に合格すると管理栄養士という資格を活かして働くことができるということです。

私はこの2の方法で取得することを決意いたしました。

ですので、「社会人は」と書きましたが、高校生でも変わらないですね。

どちらにせよ、だれでも、栄養士もしくは管理栄養士養成課程に進学する必要があるということです。

 

私も入学する前考えたことがあるのが、「管理栄養士の資格って、通信講座で取れないの?」ということです。

結論は、NO!です。

管理栄養士という資格は国家資格なので、しっかりとしたカリキュラムをこなさないと国家試験の受験資格をもらえないわけです。

 

今回は以上です!

本日もお読みいただいてありがとうございます!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。