お料理

簡単すぎて超絶オススメ!手作り白味噌ノウハウを解説!後編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

手作り白味噌シリーズも後半となりました!前編・中編を読んでいない!と言う方はこちらから→簡単すぎて超絶オススメ!手作り白味噌の作り方前編後編

前回は、大豆が茹で上がったところまででしたよね。

今回は、その茹で上がった大豆を潰し、塩きり麹と混ぜ合わせ、保存用袋に入れて熟成するところまでです。

ではやっていきましょう!

スポンサードリンク

手づくり白味噌 後編

茹で上がった大豆を潰し、60℃以下まで冷ます

麺棒やすりこ木などで潰します。

こんな感じで、粘土くらいの硬さにします。硬ければ、茹で汁を少し足し、調整します。「市販の白味噌より固め」が目安です。

潰し終わったら、冷ましている間に塩きり麹をつくります。

 

塩きり麹を作る

左が乾燥麹を水で戻したもの。生の麹をご使用の方はそのままで結構ですよ!右が塩です。

麹と塩を混ぜていきます。

塩きり麹の出来上がりです。

大豆と塩きり麹を混ぜる

先程潰した大豆の温度そ測定します。今回は45.6℃まで下がっていたので、十分ですね。熱すぎる状態で麹を混ぜてしまうと、麹菌が死んでしまいます。

このように混ぜます。ゴム手袋はしなくてもいいのですが、ついついしてしまいます・・・。

こんな感じで混ざりました!

少し硬かったので、大豆の茹で汁を入れて硬さを調整しました。

調整後がこちら。少しなめらかになった感じが伝わりますか??

保存用袋に入れ、約2週間保存する

 

いよいよ、袋詰めの作業です。このあと、2週間保存し、フードプロセッサーで滑らかにして、3ヶ月ほど熟成させます。

空気ができるだけ入らないように詰めていきます。

この状態だとまだまだ空気が入っているので、最後にしっかり抜きましょう!

こんな感じで底の端を折ると、ピッタリ行くように思います。

詰めおわりましたー!

あとは、涼しいところで2週間おいて、2週間後にフードプロセッサーで滑らかにして完成です!

あと1週間ほどで、フードプロセッサーの工程がやってきます!

ワクワク楽しみです!

どうでしたか?簡単ですよね!

余計な添加物の一切入っていない白味噌が、こんなに簡単な作業でできてしまうのです!

 

皆様も、ぜひ機会があればやってみてくださいね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。