お料理

おせちを初めて手作りしてみた結果・・・伊達巻き編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさま、あけましておめでとうございます。

 

うちでは、おせちは作ったことがありませんでした。

夫が減塩をしていることや、関東のおせちのメニューがそんなに好きではないなどの理由から、

これまで作る雰囲気になっていませんでした。

 

しかし、去年から盛りつけの練習も兼ねて、よく作った料理の写真を撮り始めたので、

盛りつけといったらおせちでしょう!

ってことで、今年はチャレンジしてみました!

その結果は・・・

 

大の大人が泣きそうになりました。

泣きながら完成したのがこちらです↓

スポンサードリンク

このお重は5.5寸ととても小さいので、2~3人分にぴったりかと思います。

食卓にはこんな感じで並べました。

とまぁ、なんとか完成したわけですが、泣きながら作った様子をご覧頂きましょう・・・

伊達巻き編

材料

  • 魚介のすり身 150g
  • 砂糖 100g
  • 卵 6個
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • うすくち醤油 小さじ1
  • 塩 小さじ1/3

 

まず材料を計量していきます。

今回は、すり身はホタテにしました。

うちはすり鉢&すりこぎがないので、終始ハンドブレンダーで攪拌を行いました。

いい感じにすりすりになりましたね。

 

しっかりとすり身ができたら、卵やその他調味料を入れ、混ぜ合わせていきます。

 

しっかり混ざったら、熱した卵焼き器で焼きます。オーブンがある方は、オーブンで焼いたほうが簡単ですね!

弱火で15分ほど焼き、全体的にしっかり固まって、焼き面に色がついたら蓋を被せてひっくり返します。私は、洗った牛乳パックをつかいました!

ひっくり返りました!

上だった面を焼いている間に、鬼すだれを用意。クッキングシートやしっかりしたペーパータオルを敷いておきます。

 

両面焼けたら、鬼すだれにクッキングシートをしき、手前から巻いていきます。

焼けたらこんな感じで取り出して、熱いうちに巻きます。

 しっかりと巻いたら、輪ゴムで2箇所止、縦に立てて冷まします。

 

切り分けて出来上がりです!

手前の一の重の、黒豆の左が伊達巻きです。伊達巻きだけでも結構な時間が・・・

なんでもはじめは時間がかかりますね(汗)

次のおせちシリーズでは栗きんとんをご紹介いたします!乞うご期待!!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。